もしかして心身症?

心と身体のケアが必要な心身症~ハードボディヘルス~

ピックアップ

体と心の両方の病気

胸を押さえる

体の病気、心の病気など様々な病気がありますが、心身症の場合、体と心の両方の病気なのです。そのため、治療するためには体と心の両方のケアが必要なのです。頭痛や腹痛も心身症の症状です。

詳細

生活している環境の影響

悩む

心身症になる人が増えてきているのは、生活する環境が大きく影響しています。昔よりも安全に、害がなく生活しやくすなったために、人間としての免疫機能が低下してしまうこともあります。そのため、心身症になってしまうのです。

詳細

セルフチェックで確かめる

考え込む

心身症になりやすい人というのは、自分の感情に気づいていなかったり、感情を上手に表現できていないことが多いです。セルフチェックをして、自分が心身症かどうかを確かめることが大切です。

詳細

ストレスを減らすこと

医師

心身症の治療は、症状を治すための体の治療と、根本的な原因となっている心の治療が必要になります。最も重要なのが、ストレスを減らすことです。ストレスを減らす方法を、まずは考えていきます。

詳細

アレキシサイミアとの関係

こころ

ストレスを自分で感じていないと思っていても、体は感じていることがあります。アレキシサイミアの人は、自分の感情に気づくのが苦手なため、ストレスを発散できず心身症になるケースが多いです。

詳細

ストレスで発症する

考える

頭痛や腹痛、喘息などの症状がありますが、これらは身体的な要因が関係していることで症状を引き起こしているだけではなく、人によっては心理的要因で、この症状を引き起こしていることもあるのです。その心理的要因によって、身体の症状を引き起こす病気のことを、心身症と言います。心身症という言葉に、心と身が入っているように、心の病気でもあり、身体の病気でもあるのです。どういうことかというと、症状が現れるのは身体なのですが、その原因となっているのは心なのです。そのため、心身症を治すためには、どちらか片方だけではなく、心と身体の両方を治す必要があるのです。ストレス社会と言われている今の時代ですが、そのストレスは心身症を含めて様々な病気の原因になるのです。生活の中からストレスを減らしたり、ストレスを解消する方法を身に付けたりすることが重要になります。身体の調子が悪いと思ったら、まずは生活の中でどれぐらいストレスを感じているか見直してみましょう。身近な人との別れや、ライフスタイルの変化などは大きなストレスがかかりやすいですが、それ以外にも自分がストレスと思っていることを整理した方が良いです。

生活している上でストレスを無くすということはできません。そのため、多くの人がストレスを抱えながら生きているということになります。ではなぜ心身症になる人と、ならない人がいるのかというと、生活する環境もそうなのですが、性格も関係しています。性格によって、心身症になりやすい人、なりにくい人がいるのです。心身症になりやすい人の性格は、ストレス耐性が弱い人などが挙げられますが、特に多いのがアレキシサイミアです。アレキシサイミアという言葉は、あまり聞き馴染みがない言葉ですが、これは自分の感情に気づきにくい、感情を表現するのが苦手な性格を持っている人のことを言います。自分の感情に気づくことができないため、他人と共感する力や想像する力が弱いのも特徴です。アレキシサイミアの人が心身症になりやすい理由は、ストレスを感じている自分に気づくことができないためです。通常の人は、ストレスを感じていると、滅入ってしまうものです。しかし、アレキシサイミアの人は、身体はストレスは感じているのにも関わらず、ストレスを感じていないと思っているのです。そのため、自分では気づかない内に、ストレスが蓄積されていき、心身症を発症するのです。アレキシサイミアの人は、自分では何も問題無いと思っているので、周囲の人が気づいて、医療機関への受診を勧めたり、気遣いをしてあげたりすることが大切です。アレキシサイミアの人は感情を認識、表現するのが苦手ですが、これが特に多いのが子供です。そのため、子供が心身症になるというケースはとても多いです。

心身症の特徴は、人によって症状が出る部位が異なることです。頭痛がする人もいれば、腹痛がする人もいます。この症状の出方は、遺伝や体質によって決まります。同じようなストレスを受けたとしても、身体の症状が出る人もいれば、精神的な症状が出る人もいるのです。また、身体の症状だったとしても、頭に症状が出る人もいれば、胃に症状が出る人もいて、様々なのです。